[PR]

 朝日新聞社は昨年、世界初の月面探査レースに日本から唯一参加するチームHAKUTO(ハクト、袴田武史代表)とメディアパートナー契約を結んだ。今年予定されている月面探査の模様を伝えるほか、宇宙開発を巡る国内外の様々な動きを取り上げ、紙面や朝日新聞デジタルで「宇宙新時代」の企画で紹介する。

 月面探査レースは米国のXプライズ財団の主催。世界の5チームが競い、今年3月までに地球から38万キロの月面に着陸して500メートル移動させ、画像送信などの課題をクリアし、賞金2千万ドル(約23億円)の獲得をめざす。

 ハクトはispace(アイスペース)社、東北大学吉田和哉教授(宇宙探査工学)を中心に、KDDIなどの企業が技術支援。本社もクラウドファンディングA―portで活動資金の寄付を呼びかけた。探査車「SORATO(ソラト)」の車体は長さ約60センチ。車輪の直径は18センチ。

 紙面や朝日新聞デジタルでは、鳥取砂丘でのソラトの走行テストや東北大などの研究開発の過程を紹介してきた。インドでのハクトの月面探査車を載せる着陸機の公開や、ソラトのインドへの空輸なども報道。朝日新聞デジタルでは、ハクトの特集ページを設け、月や宇宙開発を巡る記事や写真、動画を配信している。