[PR]

 フィギュアスケートの平昌五輪米国代表選考会を兼ねた全米選手権は5日、カリフォルニア州サンノゼで行われ、女子はショートプログラム首位のブレイディ・テネルがフリーでも1位となり、合計219・51点で初優勝した。長洲未来が213・84点で2位、カレン・チェンが3位だった。女子の米国代表は3枠。グランプリ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら