[PR]

 めまぐるしく変わる音楽シーンにあって、演歌は根強く息づいている。デビューから半世紀以上にわたって活躍を続ける演歌界の大御所、北島三郎さん(81)に、魅力や今の音楽との関わりについて聞いた。

     ◇

 ――1962(昭和37)年、「ブンガチャ節」でデビューした当時、演歌という言葉はなかった

 …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも