[PR]

 少子高齢化の日本。子どもの数はしばしば、国の未来像に重ね合わせられます。産む、産まない。願望や選択、現実のはざまで、心が揺れる人たちがいます。

 「おめでたは、まだ?」

 お正月やお盆に夫の実家へ行くと、いつも義母からそう言われていた。

 東京都の女性(57)は、25歳で結婚。「子どもは男の子と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも