[PR]

 無職 久内純子(神奈川県 49)

 昨年、会社を辞めた。福祉用具の営業は、短距離走のスピードでフルマラソンを走るような職場だった。個別対応が必要なため手間がかかる。長時間労働が当たり前の職場に働き方改革がきた。同じ仕事量、効率化もない中、時間だけが削られた。仕事が綱渡りになる。そこへ親の介護が始ま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも