原発・石炭火力補助案を否決 トランプ政権に痛手 米委員会

有料会員記事

[PR]

 トランプ米政権が導入しようとした原子力発電所と石炭火力発電所への補助案について、連邦エネルギー規制委員会は8日、市場競争をゆがめる上に、電力安定化への効果が不明だとして全会一致で否決した。補助案は成立せず、石炭産業の復活を掲げる政権にとって痛手となった。

 米国では、電力需要の減少と、天然ガス火力…

この記事は有料会員記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら