[PR]

 有罪か、無罪か。判断を神に委ねていた時代があった。そのための儀式があり、古代の「盟神探湯(くかたち)」では煮立った熱湯に手を入れた。やけどを負った者が有罪である。戦国時代から江戸初期にも、焼けた鉄を手にのせる「鉄火起請(てっかきしょう)」なる過酷な審判があった▼無実の罪を着せる「濡(ぬ)れ衣(ぎぬ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも