[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は10日、新年の記者会見で、2015年の日韓慰安婦合意の再交渉を否定するとともに、日本側に「真実と正義という原則に立脚した解決を促す」と注文をつけた。自国の国民感情と対日関係の両方に折り合いをつけようとしたが、日本政府は「さらなる措置は受け入れられない」と猛反発…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも