めくるめく「秘密の花園」へ 柄本佑、初の唐作品に「幸せ感じる」

有料会員記事

[PR]

 都会の片隅のアパートで繰り広げられる男女の奇妙な関係を描いた「秘密の花園」(唐十郎作)で、かつて父の柄本明が演じた、2人の女に翻弄(ほんろう)される青年の役を長男の佑(たすく)が演じる。演出は福原充則(みつのり)。アングラ世代の戯曲を演出家が読み直す東京・池袋の東京芸術劇場のシリーズの一環だ。柄本…

この記事は有料会員記事です。残り493文字有料会員になると続きをお読みいただけます。