日本海側、大雪の見込み 気象庁が警戒呼びかけ

有料記事

[PR]

 気象庁によると、上空の強い寒気と冬型の気圧配置の影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に11日から13日にかけて広い範囲で大雪になる見込みだ。九州や四国、近畿など西日本の太平洋側の平野部でも雪が積もるところがあり、同庁が警戒を呼びかけている。

 同庁によると、北日本の上空約5千メートルに零下36…

この記事は有料記事です。残り278文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。