出版取り次ぎ「もう限界」 一晩で配送55店、積み荷は激減

有料会員記事

[PR]

 出版市場の縮小で積み荷の本は激減しているのに、配送先は増え続ける――。出版社と売り場をつなぐ出版取り次ぎが非効率にあえいでいる。コンビニの増加が背景にあり、この1年で1千店以上増えて約5万5千店に。人手不足の配送現場では、高齢ドライバーが深夜の街を駆け回る。

 (塩原賢)

 神奈川県綾瀬市にある…

この記事は有料会員記事です。残り1684文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら