[PR]

 東京・大森の旧東海道沿いに店を構える和菓子屋「餅甚」。現在の静岡県中部にあたる駿河国から来た初代が、1716(享保元)年に茶店として創業した。明治時代に茶店から和菓子屋に。看板商品は、創業時から作り続ける「あべ川餅」だ。

 静岡市の安倍川近くが発祥地とされる「安倍川もち」。江戸時代には、街道を往来…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも