(声)日韓合意、国際司法で判断を

有料記事

[PR]

 会社役員 荒木光男(茨城県 68)

 2015年の日韓慰安婦合意について、韓国政府が前政権の合意を事実上覆した。国同士が合意した約束を反故(ほご)にするような国であれば、国交さえも見直すことになると言っても過言ではあるまい。

 安倍晋三首相が真摯(しんし)に過去の事実を認め謝意を表したことすら無視…

この記事は有料記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。