[PR]

 国際NGO職員 長坂優子(東京都 32)

 新年早々、知り合いの医師がバングラデシュに旅立った。ロヒンギャ難民に流行する感染症を抑止するプロジェクトのためだ。

 ロヒンギャ難民の生活環境は厳しい。ミャンマーから隣国バングラデシュに脱出を始め、その総数は65万人以上に上る。大量の難民が一気に流入した…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも