[PR]

 明治安田生命保険は、今後の貯蓄型保険の販売の主力を「外貨建て」に移す方針だ。円建ての貯蓄型保険は国債などで運用するが、日本銀行の金融緩和で超低金利が続き、利回りが確保できない状況が続く。外貨建ては為替リスクがあるが一定の利回りが期待できるため、販売の軸足を移す。

 同社の根岸秋男社長が朝日新聞のイ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも