[PR]

 人工知能(AI)を使って、医師の診断を助けたり、X線やCTの検査画像をチェックさせたりする研究も進んでいる。

 日本で広く知られるようになった契機は、米IBMのAI「ワトソン」だ。同社と東京大医科学研究所は2016年、急性骨髄性白血病の60代女性について「原因となる遺伝子変異を、AIが約10分で突…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも