[PR]

 ■日本の災害医療の出発点。救急とは全然違う。最後は生活再建までかかわる。

 「Okushiriってどこだ」

 医師の甲斐達朗(かいたつろう)(66)は1993年7月の北海道南西沖地震の一報を、留学していた米国・ピッツバーグの喫茶店にあった地元新聞で知った。世界で報じられた日本の大災害。「この災害を…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも