[PR]

 将棋の全棋士らがトーナメントで頂点を争う第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦が13日、名古屋市で開幕した。観戦が可能な公開対局として行われ、大勢のファンが羽生善治竜王(47)らの対局を見守った。

 朝日杯は持ち時間が各40分の早指し戦。14日までの2日間で、16人が出場する本戦の1…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも