[PR]

 第十五章 韃靼の夢 18

 

 このように準備が着々と進みまして、いよいよ迎えました親子二代同時襲名の年、身近なところから行きますと、まずは一豊は大学進学を目指して猛勉強の末、なんとか進学クラスに返り咲き、心配していた綾乃は綾乃で、老舗出版社に自力で内定。これにはさすがに喜久雄と市駒も大喜びしまし…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも