[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、予定地の海域を埋めたてるための護岸が着々と造成されている。沖縄防衛局によると、辺野古崎南側では海岸から沖に向けて「N5」と呼ばれる護岸=写真=が約270メートルできており、その西に「K1」が約210メートル伸びる。両護岸の先端から、海…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら