[PR]

 『枕草子』のなかに、この時代の宮廷サロンの高雅な文芸趣味をよく伝える有名なエピソードがある。

 雪の降ったある日、人々が集まって物語りなどしている時に、中宮定子から〈香爐峯(こうろほう)の雪いかならん〉と問いかけられた清少納言が御簾(みす)を高くあげて見せたので、皆その才気に感心したという話である…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも