[PR]

 ■書家・石川九楊

 《石川さんは書作のかたわら、書に関わる評論や、日本文化に関わる著作を100冊以上も執筆してきた》

 書について考え始めたのは大学の書道部のころです。「書は線の芸術である」という、言葉との関連を無視した書壇の「常識」に違和感を持ち、研究会の機関誌に「書は言葉と形象の芸術である」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも