[PR]

 総務省は、光回線が整備されていない過疎地などでも高速のインターネット回線が使えるように支援を強化する。過疎地での回線整備に対する国の負担割合は現在、原則として事業費の3分の1だが、2019年度から2分の1~3分の2に引き上げる方針だ。次世代の携帯通信「5G」で代替することも検討する。

 回線を遠隔…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも