[PR]

 自動運転をめぐり、メーカー各社がいま、実用化に向けて激しい競争を繰り広げている。社会的にも、交通事故の件数が大幅に減り、過疎や高齢化が進む地域で公共交通機関の代替機能を担ってくれると期待が高まる。一方、事故が起きた時にだれが、どのような責任を負うべきなのか。

 昨年1月20日、研究者や消費者団体の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも