[PR]

 「文芸賞」を受けてデビューしたのは昨秋。その1作で芥川賞にも決まった。「座骨神経痛持ちの新人」と笑う。

 受賞作の「おらおらでひとりいぐも」は、子育てを終え夫をみとった74歳が主人公。〈人の心は一筋縄ではいがねのす〉と東北弁でつぶやき、老いを積極的にとらえる。「役割をいったん終えた女性の終わりの時…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも