スパコン、技術開発に暗雲 助成金詐欺事件

有料会員記事

[PR]

 スーパーコンピューター開発を巡る国の助成金詐欺事件で、「PEZY Computing(ペジーコンピューティング)」社長だった斉藤元章容疑者(50)が手がけていた技術の今後が見通せない。事件の全容解明に時間がかかっており、資金を融資した科学技術振興機構(JST)の対応も決まっていない。

 PEZY社…

この記事は有料会員記事です。残り739文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら