[PR]

 ■書家・石川九楊

 《石川さんは原稿を鉛筆で書く。客員教授を務める京都精華大の講義も板書中心だ》

 手で書くことにこだわるのは、活字やフォントは文字ではないからです。活字はひとつの塊であって、そこには点画(点や線)を書く過程と表現が存在しない。

 会話でいえば、機械音声のようなもの。会話の時、声…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも