[PR]

 江戸川乱歩が書いた女盗賊と名探偵の対決を、三島由紀夫は、時代に取り残され消えていく、さまざまな美への葬送曲に仕立て直した。繰り返し舞台化されている戯曲だが、この座組は、旧式の美が命尽きる寸前に吐き出した刹那(せつな)の輝きを、艶(なま)めかしくも繊細に描いている。

 自分の生き方と犯罪に徹底した美…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも