[PR]

 発達障害のある子どもをどう育てるか――。川崎市の明石洋子さん(71)が自らの体験を踏まえ、発達障害の子どもを育てている人を応援する本「思いを育てる、自立を助ける」(本の種出版)を出した。カギは「自己決定」にあるという。

 長男の徹之さん(45)は2歳の時、知的な遅れを伴う自閉症と診断された。洋子さ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも