[PR]

 ジュウラニアンと称する熱狂的読者をもつ作家久生十蘭(ひさおじゅうらん)(1902~57)が国際的な賞をとった短編「母子像」の異稿などが、英文学者吉田健一(1912~77)の遺品から見つかった。完成稿を英訳したのは吉田だが、2人の交友については不明。なぜ吉田が持っていたのか、異稿が存在する意味は? …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも