[PR]

 オウム真理教を巡る裁判の「最後の被告」、高橋克也被告に対する最高裁決定を目の当たりにして、私の脳裏に浮かんでくるのは、控訴審判決を聞き終えたとき、法廷の遺族たちには目をやることもなく足早に法廷を去って行った、黒のスーツの被告の後ろ姿だ。

 教団最古参の信者の一人だった被告が最後に動員されたのが、電…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも