[PR]

 すし職人の女性が、仕込みの前に#かっこよく新聞読む。

 盛岡市で「すし心明(しんめい)」を切り盛りする下屋敷明美さん(32)。花柄の鉢巻きがキリリと決まっている。18歳の時、知人の紹介で働いたすし屋の親方に憧れ、職人の道へ進んだ。

 30歳の節目で店を構えた。すしの世界では、女性職人はまだまだ珍し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも