[PR]

 最近のニュースからのクイズです。Q1の( )は地球温暖化対策の手法の一つ。Q2の( )は福井県にある原子力発電所の一つです。

 Q1 中国政府は地球温暖化対策を効率的に進めるため、二酸化炭素(CO2)( )の全国市場を設立した。まずは電力業界1700社超が対象で、欧州連合(EU)の規模を上回り、世界最大の( )市場となる。EUが始めた後、( )は世界各国で導入が進み、日本は日中韓3カ国で唯一の非導入国となった。

 Q2 関西電力は2019年に運転期限の40年を迎える福井県の( )1、2号機の廃炉を決めた。出力は各117.5万キロワット。国内で廃炉が決まった原発では最大で、作業は30年ほどかかる見通しだ。2基を再び動かすには安全対策費が1基あたり2千億円ほどにふくらむ見通しで最長20年運転を延長しても採算がとれないと判断した。

 【答え】Q1排出量取引 Q2大飯(おおい)原発

 (東京本社で発行した2017年12月20日付、同23日付朝刊最終版記事などから作成)