[PR]

 広島、長崎で被爆し、そののち日本を離れた在外被爆者の遺族らが国の援護を受けられなかったのは違法だとして国に損害賠償を求めた集団訴訟で、原則和解に応じてきた国側が一転、争う姿勢を示している。被爆者の死後20年が経過したケースについて「賠償請求権が消滅した」と、当初していなかった主張を持ち出した。31…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら