[PR]

 イェルク・ヴィトマンはオーボエのハインツ・ホリガーをクラリネットに置き換えたような人だ。演奏のみならず作曲でも一流。彼のリサイタルを聴く(14日、トッパンホール)。

 全7曲がすべて無伴奏。ストラビンスキーの1910年代の小品以外は80年代以後の作品ばかり。自作もある。しかもめっぽう音の小さい曲が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも