[PR]

 3度目の挑戦でつかんだ直木賞の感想は「風が来た。飛ぶだけだ。そういう気持ちです」。記者会見で受賞作を頭上にかかげ、おどけて見せた。

 今回挑んだのは、宮沢賢治の父、政次郎。賢治に小説を書かせない封建的な父親と評されることも多いが、作品では社会的な能力に欠ける賢治を深い愛情で支える。そんな姿を描くう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも