[PR]

 東京・日本橋の三井記念美術館では毎年、正月をはさんで円山応挙の国宝「雪松図屏風(びょうぶ)」を公開しているのだが、リピーターをつかむためには、他に何を陳列するかの工夫がいる。今年は花鳥をテーマとした。

 この美術館の第1室は工芸専用の独立ケースが並ぶので、花鳥文様のある工芸品を展示するだろうと思っ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも