(あすを探る 政治)自民「1強」と民主主義 中北浩爾

有料会員記事

[PR]

 自民党は昨年秋の総選挙で圧勝した。政権を奪還した2012年以来、国政選挙で実に5連勝である。通常ならば、「2012年体制」の成立などという声が聞こえてきてもおかしくないが、依然として耳にするのは、自民党「1強」という言葉である。つまり、たんなる強さを超えて、民主主義の観点から現状を正統化しようとい…

この記事は有料会員記事です。残り1306文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載あすを探る

この連載の一覧を見る