[PR]

 最先端の機器を備え、研究支援体制も充実している京都大iPS細胞研究所(CiRA〈サイラ〉、山中伸弥所長)で論文の捏造(ねつぞう)が明らかになった。厳しい不正防止対策を取っているといわれたCiRAでなぜ防げなかったのか。ほかの研究機関でも不正は後を絶たず、対策に苦慮している。

 ■ノート確認「形骸…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも