[PR]

 鐵齋は老いてすぐれし繪を描きぬ

 年のはじめに思うことこれ

 吉井勇晩年のうたである。酒と旅と戀を詠んで日本語叙情詩のひとつの達成をのこした歌人にしては、いつになく無骨に心境を語った感があるが、ここでの話は鐵齋にかかわる。

 江戸末期から大正までを生きた画家八〇歳の一作品(一九一七年)を評した加…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも