[PR]

 舞台「三文オペラ」がドイツで生まれたのは1928年。なぜ、今の日本で音楽劇として上演するのか。主演の松岡充(みつる)は「格差社会を描いた物語。いつどこでも、階級や人の価値の違いは関心を持たれる。普遍的な話を新しい形で届けるのが現在の演劇かな」と語る。

 ギャングのマクヒィス(松岡)は結婚を巡り、こ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも