[PR]

 高齢化に伴って死亡者が急増し、政府は住み慣れた自宅での「みとり」を後押しする。入院から在宅への流れは、医療費を減らす効果があるともされる。自宅で最期を迎えるには、どんな負担が必要なのか。▼1面参照

 ■延命治療より死を迎える支援 「医療費、病院より低い」

 2016年2月17日、城戸ユリ子さん(…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも