[PR]

 IT大手のGMOインターネットの子会社「GMOペパボ」は26日、最大で約8万9千件の顧客情報が流出したと発表した。外部からの不正アクセスが原因という。今のところ、情報の悪用は確認されていない。流出したのは、法人や個人向けに通販サイトの作成・運営をサポートする「カラーミーショップ」というサービスの顧客情報。クレジットカード情報や住所、氏名、電話番号などが漏れた可能性がある。1月上旬にサーバーの異常検知システムが作動。外部からの不正アクセスが発覚した。問い合わせは専用ダイヤル(0120・620・621)へ。

こんなニュースも