(世界発2018)むしばまれる生活の森 村民、熱帯林乱伐の中止求め提訴 ボルネオ・サラワク

有料会員記事

[PR]

 マレーシアのボルネオ島サラワク州で熱帯林の乱伐が続いている。生活の基盤である森を奪われた地元民は伐採企業を提訴したが、歯止めはかからない。木材の最大の輸出先は日本。「持続可能性に配慮した運営」をうたう2020年東京五輪のメインスタジアム、新国立競技場の建設にも使われている。

ここから続き

 (ロングジェイク村=…

この記事は有料会員記事です。残り1926文字有料会員になると続きをお読みいただけます。