[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題が焦点となっている名護市長選(2月4日投開票)で、朝日新聞社と琉球朝日放送は28、29の両日、電話調査をし、取材で得た情報と合わせて情勢を探った。移設反対を訴える現職稲嶺進氏(72)と、移設を事実上容認する前市議の新顔渡具知(とぐち)武豊氏(56)が激しく競り合っている。▼3面=移設「反対」63%

 有権者の2割が投票態度を明らかにしておらず、情勢は変わる可能性がある。

 投票態度を明らかにした人を分析すると、3選をめざす稲嶺氏は、推薦を受けた民進、共産、社民、沖縄社会大衆、支持を決めた立憲の各支持層に食い込み、無党派層からは7割の支持を得ている。男女別では女性の6割以上から支持され、年代別では中高年層の支持が比較的厚い。

 渡具知氏は、推薦を受けた自民支持層の9割を固めた。前回は「自主投票」だったが、今回は推薦をした公明の支持層の大半からも支持を得た。ただ、無党派層に浸透しきれていない。年代別では、30代以下の若い層の支持が比較的厚いのが特徴だ。

 (山下龍一)

     *

 稲嶺進(いなみねすすむ) 72 無現(2)

〈元〉市教育長〈立〉〈民〉〈共〉〈由〉〈社〉〈社大〉

 渡具知武豊(とぐちたけとよ) 56 無新

〈元〉市議〈自〉〈公〉〈維〉

 (届け出順。カッコ内数字は当選回数。〈 〉内政党は推薦・支持。〈社大〉は沖縄社会大衆党)

 <調査方法> 28、29の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、名護市内の有権者を対象に調査した。有権者がいる世帯と判明した番号は1439件、有効回答は673人。回答率は47%。

こんなニュースも