[PR]

 先日、年若い友人が熊本市の療養先を訪ねてみえた。新聞社の水俣支局にいるうち働き盛りで早期退職をして、そのまま水俣に居着いてしまった人である。「最近、一緒に住むようになって」。かざして見せられた携帯電話から、「にゃあ」と声がした。赤茶色の虎猫の仔(こ)であった。

 もの心ついたころから、いつも近くに…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも
こんなニュースも