[PR]

 自衛隊を憲法9条に書き加える改憲案をめぐり、安倍晋三首相は30日の衆院予算委員会で、安全保障法制で認めた集団的自衛権行使の範囲は広がらないと説明した。異論がくすぶる自民党内の説得と世論の懸念解消を狙ったものだが、野党や専門家からは疑問視する声が上がる。憲法改正の争点の一つになりそうだ。▼1面参照

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも