[PR]

 かつての優生保護法に基づき、不妊手術を強制され、救済策も取られていないとして、宮城県内の60代の女性が30日、国に慰謝料など1100万円を求める訴訟を仙台地裁に起こした。記者会見した原告側は「出産の機会を奪われ、人権を侵害された。手術された人への国の謝罪と補償を実現したい」と訴えた。▼2面=いちか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも