[PR]

 名古屋市などが発注する管工事の入札をめぐり、一般社団法人「名古屋設備業協会」の役員を含む業者が2016年に会議を開き、落札予定者(本命)の決め方や年間受注数の目安など受注調整(談合)のルールを確認していたことがわかった。朝日新聞が入手した音声には、談合を「必要悪」、協会非加盟業者を「アウトロー(無…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも