[PR]

 広島、長崎で被爆し、その後に日本を離れた在外被爆者の遺族が、援護を受けられなかったのは違法として国に損害賠償を求めた集団訴訟の判決が31日、大阪地裁であった。絹川泰毅(やすき)裁判長は提訴時に既に死後20年が経過し、損害賠償の請求権が消滅する「除斥期間」が過ぎていたとして、遺族らの請求を棄却した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも